Aeolian Sound

ぺその手術

今月あたま。

そろそろぺそみんも健康診断の時期やね~と話していたある日。

ぺその呼吸がなんだかいつもと違うように感じ、病院に連れていきました。

血液検査で異常はなかったものの、胸水が溜まっていることがわかりました。

原因がわからないので、抜いた胸水を病理検査に出し、

結果が出るまでの間にできることをしていただきました。

入院し体調を管理しつつ、検査結果を待つ日々・・・。

ひとつ前の記事の写真は、そのときのものです。


病理検査の結果は、悪性の上皮性腫瘍の疑い・・・というもの。

とはいえ、まだ確定ではないため、CTやMRIでの検査を勧められました。

かかりつけの病院にはCT設備がないので、手続きをして翌日転院。

転院先の病院は素早く受け入れてくださいました。

そして、すぐにCT検査。

ぺそはおとなしくしていたようで、麻酔を使わずCT検査ができたそうです。

(負担はちょっとでも少ないほうが良いので、これは本当によかった・・・)



CT検査の結果、気胸になっていることがわかりました。

更に、縦隔のあたりに小さな腫瘍らしきものが見えるということも・・・。

担当の先生と相談して、

15歳という年齢であるにもかかわらず、血液検査には異常がないこと、

(先生も「体格もいいし、大変優秀です」と言ってくださるほど)

原因の特定をすれば有効な治療法が見つかるだろうということから、

手術を決断しました。


昨夜20時過ぎに、手術が始まりました。

途中経過の電話では、まず気胸の処置をしたという報告がありました。

そして、そこから肺の病巣を確認していく・・・とのこと。

ただただ待つだけの時間が過ぎていきました。


午前1時すぎ。

手術は無事に終わり、自発呼吸が戻ったとの連絡がありました。


そして、今日。

面会にいくと、ぺそは胸に包帯を巻いて、エリザベスカラーをつけて、

点滴の管をつけた状態で酸素室にいました。

私たちの姿を見ると、よろけながらもこちらに歩いてきてくれました。

命にかかわる大手術の直後だというのに、そばにきてくれたぺそ。

少量ではあるものの、看護師さんの手からごはんも食べたようで、

術後すぐの状態としては割と良いということでした。


肺の一部を切除し、腫瘍とみられる部位は6~7割とれた。

残りは、大事な器官を傷つけてしまう恐れがあるため、

それ以上とることができなかった。

切り取った部位を検査に出し、癌の種類を特定。

そこから有効な治療法を選択していく・・・という流れになりました。

「現段階でできる処置としては、最大限のことができました」と先生。

ぺそ、頑張ったね・・・!!!!


ぺその入院はしばらく続きます。

ぺそがまた以前の生活に戻れるよう、

私たち夫婦もしっかりごはんを食べて、ちゃんと寝て、

みんとをたくさんもふもふして、仕事をして、

なるべく普段どおりの生活を心がけたいと思います。

しゅじゅつまえ

手術前の、昨日のぺそ。

何度も脱走を試みていました・・・。

ぺそみん | コメント:3
∧top | under∨
<<病院の日 | Aeolian Sound | じー・・・>>

この記事のコメント

恒松さんと旦那さんもさぞお疲れになったことでしょう
ぺそさんが早く戻ってきてまた元気な顔が見れますように
みんな待ってるからね
2016-09-19 Mon 22:07 | URL | はんべえ #kyNrcoxs[ 内容変更] | top↑
いつも見てるからこそ小さな違いに気がつかれたのだと思いました。早く退院できることを祈っています。
私も実家の子に会いに行こうと思いました。
2016-09-20 Tue 00:58 | URL | かぶ #-[ 内容変更] | top↑
〇はんべえさん
転院したからの数日は、とても長く感じられました。
今日も面会にいってきます。

〇かぶさん
少しでも違和感を感じたら、早めに対処・・・というのを心がけていて
本当によかったと思いました。
2016-09-20 Tue 12:02 | URL | つねまつあゆみ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Aeolian Sound |